今紀スタダ振り返り(まだ途中だけど!)

今紀の部長のスタートダッシュ(通称:スタダ)を振り返ってみました。

今紀は、桜咲学園にお世話になっております。前期がちとなんだったので、今回は貢献できるようにがんばってます。
んで、スタダの進捗具合は、いまこれを書いてる時点(25日夜)で、第8章「栄光の道」の資源地7000到達があとチョットってところ。前期リアル都合でバタついてた割には、先輩神様たちにかじりついてよくやってるかなぁと(皆さん早いわ〜)。結構石割ってますけど(笑)。

いまのところガチャではトータル4〜5万円ぶんくらい回してるかな〜(ほんとに計算すると怖いので考えないようにしている)。
ちなみに「幻世紀元限定ガチャ」の模様はこちらの動画で。

結論、今紀のSSR英雄はオデュッセウス、黒髭エドワード×2の計3枚。デェルがでぇねぇのよ。あ、ダジャレいいですか? 黒髭の1枚は、アクセルさんが超回してるときに、アクセルさん通知の連発の中に部長も混ざりたいと思って守護王国ガチャを引いたら出たやつ(笑)。大成功だったんだけど、録画をミスるというね。くそっ(笑)。

桜咲学園、活気があっていいです。チャット見てるだけでも楽しいです、おじさんは(笑)。あと関心したのが「虎ぺち」。遺跡攻略のときに、全員で遺跡城下を英雄「密林の虎王」を使って攻撃するの(だから、虎でぺちってこと)。で、のちにその城下を陥落させると、貫通すると全員に参加賞の銀貨もらえるというね。やさしみの銀貨わけわけ戦術。これ、僕は桜咲学園に来るまで経験なかった〜。本営100部隊以来の考えた人天才かって思った!

『虎ぺち』のイメージ。さすがに会社で絵は描けんわ、ということでフリー素材より。

んで、ひっさびさにスタダを経験して改めて思ったこと。初心者神様だけ読んでちょーだい。
・前期でSR神格のかけらを死ぬほど集めとく
 →スタダと同時にメイン部隊のスキルの餌にするため、スキルLv.が高ければ格上の敵でもどーにかなる!(笑)
・前期のR,N英雄を死ぬほど突破(通称:凸)しまくる
 →これもメイン部隊のスキルの餌(以下同文)
・コスト8.0、中衛配置できて、兵損が少ない部隊を構成する
 →僕はほかの神様に教えてもらって、ラマッス、スキュラ、スクルドでスタダした。兵損を気にせず攻略できて不満なかった。
・前期でいい感じだった部隊構成はスクショ撮っておく
 →ほかの神様がやってて僕もマネした。紀元をまたいで再編成だから混乱しちゃうし。それに前紀からの〜とスキル構成を考えていく上で大事な資料。メモでもいいけど、スマホでやってんだからスクショ撮っちゃお。

というわけで今回は、このへんで! これから遺跡攻略なんで(笑)。

おすすめのエントリーのリンクを下記にちょこっと置いときます。ブラホラは、僕自身本当に面白いと思っているので、この楽しさをひとりでも多くの人にシェアできるといいなぁと思ってます。始めたよ〜!という人がいたらフレンドになってください! Twitterやってるんで、こちらに連絡よろしくです。

【テクニック集 目次】
■スキル基礎知識リスト
■神託リスト(逆引き仕様)

【攻略】
■『古塔征服』イベントのすすめ
■『古塔征服』イベントは自国の繁栄値が低いうちにやろう!
■古塔攻略の仕方
■遺跡攻略の仕方
■任意の時間に攻撃する方法(通称:着弾)
■戦争のいろんな役割/100部隊/城壁/矢塔/要塞
■戦争のいろんな役割/港防衛
■自分の部隊編成をチャットに貼る方法
■戦況報告で自分の部隊の強さを知ろう
■スキルの射程確認方法
■高速兵営の作り方

【施設/土地/資源関連】
■占領した土地の管理&整理の仕方
■土地を残して施設だけ取り壊す方法
■自分の施設一覧リストを見る方法
■資源管理テクニック

【英雄育成関連】
■訓練所でレベル上げ/英雄レベルの上げ方(1)
■怪物討伐でレベル上げ/英雄レベルの上げ方(2)
■レベル上げ用の土地を作る/英雄レベルの上げ方(3)
■レベル上げに関する神託/英雄レベルの上げ方(4)
■英雄をスキルにする方法(英雄を強化する手段)
■城下レベリング方法
■遠投レベリング方法

【部隊考察】
■対スキュパト部隊
■本営100部隊(エコ部隊)
■ハティ部隊の戦況報告
■ハティ対策部隊
■対アテナ部隊
■オデュッセウスの波動スキル検証
■神位戦の防衛部隊閲覧で編成を参考にする
■ 無課金で使える英雄「金剛」がおすすめ

【ブラホラ漫画】
■ブラホラで忘れがちなこと
■『ブラホラClassic』リアル大事にの巻
■『ブラホラClassic』考古の人の巻
■『ブラホラClassic』世界チャットのすすめの巻
■『ブラホラClassic』本物の謀反の巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です